« March 2005 | Main | May 2005 »

誓い

6月12日に行われる第110回日商簿記検定試験。この1級の受験を、今回は見送ることに決めた。
くやしい。とてもくやしい。
6月での1級受験は、簿記の学習を始めた昨年10月からの目標だった。それだけに今回これを思い切るのは辛かった。
それでも4月が終わるこの時点で全体学習量の殆どが手つかず。これではお話にならない。本来なら過去問を解きはじめていなければならない時期なのに。
2月頭から3月末までの短期アルバイトが終わり、4月に入って次の仕事が見つかるまでの間、この期間にもしそれなりの学習量をこなすことが出来たなら或いは、合格は無理にしろ、ある程度問題と渡り合えるだけの実力を期待できたかもしれない。
仕事は見つかった。けれど全く学習に集中できなかった4月。目標に届かなかった事実を私はようやく認めた。小さな自分を噛み締めた。


高校時代を思い出す。最終学年である受験生になっても、私は勉強ができなかった。
国立を除けば県内第1位の進学校で、周囲を見渡せば優秀な人たちばかりだった。
入学した当初から授業のハイレベルさに唖然とした。予習なしではまずついていけない。復習なしで頭に入る量じゃない。でも、家に帰ったところで予習がまず終わらない。ましてや復習の時間なんてどうやって確保していいかわからない。
中学を卒業するまで、高校受験に向けて冬から塾に通いだした以外は、私はそれまで自宅で勉強する習慣をいっさい持っていなかった。中学で学習する内容までは授業だけでも充分理解できた。試験対策は当然ながら一夜漬け。それでも7割方は頭に入った。
高校でそんな考え方は全く通用しない。でも、周囲はしっかり授業についていく。どうしてついていけるのかが分からなかった。予習さえ終わらないのに!
きっと私は、この中でとても劣っている人間なんだと思った。
理解力が無い。才能が無い。同じだけ勉強してもモトが違うなら追いつけない。

私は、試験前でさえ勉強をしなくなった。

広がった差は、結局卒業するまで埋まることが無かった。
勉強しなくてはならないことは分かっていた。それでも鞄から教科書を取り出す気力が湧かなかった。
逃避するように本を読んだ。漫画を読んだ。何冊も何冊も読んだ。時間がどんどん過ぎていく。
何もできないまま1日が終わる。ひどい罪悪感が残る。
そんなことばかり繰り返した。最後まで。
センター試験当日、躊躇った末乗ったバスは違う受験会場へ行くものだった。途中で気付いて降りた。戻るために見た時刻表。次のバスは、とうてい間に合わない時間だった。タクシーで向かえば間に合うかもしれない。けれど、もういい。帰ろう。
安定した道を外れた瞬間だった。奇妙に腑に落ちた気がして、少しだけ笑ったかもしれない。

私は、本当に、勉強できなかった。できなかったんだよ。
苦しかった。辛かった。自分自身が許せなかった。
しなくてはいけない事をしなければならない時に、出来なかった自分。
がんばらなければならないとわかっていても、がんばれなかった自分。
この先、本当に努力しなければならないときが訪れたとして、そのとき私は努力できるのか。
それを考えると怖かった。
同じことを、後に友人から指摘された。
他人からもくだらない人間だと思われていたことがショックで、死にたくなった。


あの頃を思い出す。
結局私は受験浪人をしなかった。
大学を諦め、半年ほど呆然と過ごした。そののちアルバイトを探すことから始めた。
1年ほどアルバイトをし、その後派遣社員となって3社ほどで仕事をしたあと、派遣先の会社へ正社員として入社した。その会社を、先日辞めた。
そして、ある目的を持って簿記の学習を始めた。
再び机に向かうようになってようやく、高校時代に大学受験を目前にしても勉強できなかった理由が解ってきた。あの時の躓きは正しかったと確信を持てた。それでも到底拭い去れないコンプレックスが意識の内に黒々と染みついている。
私はきっと、勉強することに対して未練があった。自分にとって勉学とは何か、それをずっと、心の奥底で考え続けていた。
その答えがようやく見え始めた今、一つの強い想いがある。

多分、ここで勉強できなければ、もう一生できない。

勉強に集中できなくなるたびに、学習が捗らなくなるたびに、あのときと同じように罪悪感でいっぱいになる。酷く自分を責める。
学習を始めてからまだ、たったの半年。習慣化にはまだ遠い。また勉強できなくなるかもしれない。その可能性がいつも怖い。
自分との戦いは辛くて苦しい。孤独でどこまでも終わりがないことしか見えない。
それでも、今度こそは。
打ちのめされても打ちのめされても負けるものか。
今の自分を踏みしめて、這い上がる。
ゆっくりでいい。マイペースでいい。何年かかったっていい。

絶対に、諦めない。

その誓いだけを強く抱いて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

くやしい思い

日商簿記2級の合格発表から、ひと月経過した。そろそろ6月試験申込みの時期だ。
勉強が、全く思い通りに進まない。
日商簿記1級の難易度は高い。私は計数が苦手だから、掘り下げて、掘り下げて考えないと論点の本質を理解できない。
けれど、はかどらない理由は、それじゃない。
4月に入ってから、就職活動で3度面接に行った。
1度目は本命だった。ここに就職できたら、そう思い、どきどきしながら連絡を待っていた。
採用不採用に関わらず私が検定試験を受ける予定には変わりない。けれど携帯ばかり気になって、テキストを開いても学習はいっこうに進まない。
結果が出るまで動きが取れない。学習もはかどらない。
じりじりとしながら1週間待った。連絡はまだ無い。問い合わせたい気持ちを堪え、さらに待った。
10日目で履歴書が返送されてきた。
結局携帯は一度も鳴らなかった。

落ち込んだのは不採用にじゃない。
10日間も、まともに勉強できなかった自分にだ。
あれだけあった時間を、切り替えの上手くいかない頭のせいで棒に振った自分。

2度目は面接に行ったその場所で辞退した。先方の提示した条件が私の希望と合わなかったからだ。
午前中にハローワークで求人に応募し、面接は当日で締め切りと言われて家へ駆け戻り、1時間かけて履歴書を書き、スーツに着替えて家を飛び出した。
午前10時から午後2時までの行動が、全て無駄になった。
面接を終えたその足で図書館に向かうつもりが、なんだか疲れてやめてしまった。
そのまま家に帰って、就寝までだらだらと過ごした。

3度目。やはり申し込んだ当日の面接だった。履歴書は2度目のものを使い回すことができた。
面接はごく短時間で終了した。採用担当者はとても感じのいい方だった。
その後図書館へ向かう。学習室でテキストを開いたが、やはりあまり進まなかった。
面接でいくつか訊き漏らしたことがあり、それが気になったのだ。
もし採用が決まったら、その時に訊ねればいい。そうは思ったが、やはり振り切れなかった。
翌日、午前11時から図書館の学習室にいた。今日こそはとテキストに取り組んだ。
解りづらい、とても解りづらい論点で、脳が逃避したがっていた。
気を抜くと目の前にある論点とは、全く別の考え事をしている。
テキストを横から見て、残ったページの厚みを確認してみる。全然減ってない。
あたりまえだ。集中してないもの。
また設問に取り組む。脳が遊び出す。引き戻して例題の1つでも片づけようとする。また、気が逸れる。
昼食を取り、再度学習に臨む。
同じ事の繰り返しだった。
疲れてきて、学習室から出て雑誌や他の本を読んだりしてみる。飽きたらまた戻る。
午後6時まで粘ったが、結局ほとんど進まなかった。
空腹感がつのり、今日はもう無理だと思った。
6月受験は諦めるべきかもしれない。このまま学習が進まなければ無理だ。
でも、これからがんばれるかもしれない。可能性があるから諦めきれない。
図書館を出て、市内中心部へと向かう。
友人達と食事をする約束があった。
仕事が決まるまでショッピングはしないと決めている。
本屋で雑誌を立ち読み、出たところで携帯が鳴った。
前日受けた面接の結果だった。不採用。
遅い時間でも、一刻も早く連絡をくれた心遣いが有り難かった。
丁寧に礼を言って通話を切った。
約束までまだ時間があった。別の本屋を覗き、暇を潰す。

友人たちと久々に会うことができた。
食事は美味しかった。
でも、あまり楽しい気分にはなれなかった。
必死に勉強していなかった。充実していなかった。
仕事をしていないと言うのが、少し辛かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

果報は寝て待て

だから、期待しすぎるから駄目なんだってば(苦笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自分へ

リタイアは許さないよ。
不屈の精神。
強く、強く在れ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

課題

気懸かりがひとつあると、その他へは全く集中できなくなってしまう。
考えても仕方のない不安を引きずる私の性格は、今後を大きく左右するかもしれない、ウィークポイントでもある。
限られた時間を有効に使うために、そろそろ克服しておきたい弱点。
集中力の持続時間は少しずつ改善されている。
次の課題は、頭の切り換えを自在に行うこと。
努力次第で何とかなるのか?
それとも性格上無理なのか?
とりあえず、様々な方法で試していこうと思う。
しつこく、ねばりづよく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »