« October 2005 | Main | December 2005 »

学習記録

やっぱり出勤前はムリ。起きられなかった。

さて、有価証券の期末評価です。今日やったとこ。

売買目的有価証券の期末評価(切放法と洗替法)~満期保有目的債券の期末評価(原則として取得原価だけど取得原価と債券金額との差額が金利の調整と認められれば償却原価法を使うよ、それで償却原価法には原則の利息法と簡便法の定額法があるんだよ、ってとこまで)(うわ長っ)

山の一歩手前までいきました。明日はいよいよ償却原価法について具体的な内容を見ていきます。定額法と、できれば有価証券の最大難関、利息法まで踏み込みたい。

*   *   *

明日から帰りが遅くなりそうです。おやすみも減らされちゃったりするかもしれません。
たとえば1万円と10時間とどっちが欲しいか尋ねられたら、私は迷わず10時間が欲しい。
あと最近気づいたのですが、もし徹夜で勉強するのと3時間残業するのとどっちがいいか尋ねられたとしたら、私は徹夜で勉強するほうを選ぶと思います。
勉強については好きなのか嫌いなのか未だに分からないんだけど、でも会社に行くのは大嫌いだ。

明日から12月。今年もあとひと月となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習記録

有価証券の取得と売却

およそ2時間ほど机に向かっていましたが、充実していたとは云い難い。
燃えろ燃えろ集中力。

明日から有価証券の期末評価を学習することになります。有価証券の中でも山場中の山場な範囲です。
できれば早めに起きて、出勤前に少しでも取り組みたいけど・・・どうかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習記録

有価証券の分類・表示

おそろしいことに、テキストと向き合ったとたんドッと眠気が押し寄せます。1時間の間に3回~4回眠り込んでこれ以上の学習を諦めました。今日は早く帰宅できたのにほとんど何もできなかった。ぐすん。

ほんとうは学習時間を早朝にすれば、頭もスッキリしているので効率が上がるのは分かっているんだけど、今の季節は早起きがとてもつらい。寒くて寒くて居心地のいい布団から出られないのです。
なので夜にねばるしかないのですが・・・これじゃあどうしようもないなあ。
なんだか情けなくてちょっと落ち込みます。
私はやっぱり勉強が嫌いなのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習記録

電卓帰還。嬉しい。
簿記をはじめてからの相棒であり、戦友であり。
特別な思い入れのあるアイテムなのです。

金融商品1の基本問題を解く。
予定の半分は未消化ですが、その分は来週末へ持ち越しとし、明日からは当初の計画通り金融商品2へ入っていきます。
いよいよ有価証券です。・・・うわぁ。


何かひとつでも覚えていることがあるだけで嬉しい。
一歩ずつしか進まなくても、その一歩が確実でさえあれば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習記録

金融商品1の範囲をひととおり見たと思っていたのですが、うっかり手形が残っていました。
すぐ終わるかと思ってたら普通にわかんない。
ので、2級の商業簿記のテキストをひっぱり出して、まずは復習するはめになりました。
あれもこれも忘れていて、というかそもそも当時ちゃんと頭に入ってたのかってことから疑問ですが、でも今やってみたら、意外とすんなりわかるような気がする。こんなところで2級と1級のレベルの差を実感しました。


理解不理解の問題はまた別として、集中力が続かず全く前に進まない。
がまんしてがまんして机の前にいても、脳がテキストを拒絶して辛い。
数日前からの微妙な腹痛が気に障り、かるく苛立つ。
日中体温36.9度。現在36.6度。平熱~やや高め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習記録

現金・預金~金融商品1(貸倒引当金の算定まで)

今日まででようやく、この範囲の論点のみを、さらりとひと撫でした感じです。
明日から週末にかけては基礎問題を解いてしっかり身に付けたい。
来週からは金融商品2(有価証券)に入っていけるといい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習記録

しつこく割引現在価値について。

もう面倒になって昨夜はテキストすら開かずにネットサーフィンばかりしてました。
だってわかんないんだもん。
でも、ここは商業簿記のみならず、工業簿記でも必要になってくる(らしい)重要な論点だそうで、このさき何度も出てくるとなるとさすがに後回しにしてしまうわけにもいかず、仕方がないので覚悟を決めて、今朝6:30からリベンジを試みました。

たった1問の基礎問題を理解するのに2時間もかかりました。

けど、なんとか分かってきたよ。理解が完全かと聞かれれば、まだ自信はないけれど。


簿記の学習をはじめてから、勉強のやり方についていろいろと見えてきたことがあって、そのひとつに、
”わからない部分を、理解するための時間を惜しんではいけない。”
というのがあります。テキストを読んでいる際、なんだか引っかかる箇所があっても、どこが引っかかっているのか釈然としないまま、それでもなんとなく分かったような気になって先に進んでしまいがちです。それは、その場ではテンポよく学習が進むのですが、いざ問題を解こうとすると、そのとき放置した「引っかかり」が如実に浮き彫りになり、混乱に陥ってしまう。
だから、「あ、なにか引っかかるな」と感じたら、どこに引っかかりを覚えているのか、慎重に解きほぐす作業を行わなければなりません。つまり、自分がどこまで解っていて、どこから解らないのか、どうして解らないのかを遡って突き詰めていくということです。そして解らない箇所を突きとめたら、今度こそ取りこぼしがないように、そこから細かく細かく検討しながら理解を進めていくのです。これはとても時間が掛かるうえに緻密な作業を必要とするので、強い苛立ちと、ひどい焦りを生みます。しかし、その時間を惜しんではいけない。焦る気持ちをぐっと抑え、根気強く取り組まなければいけない。
何度も何度も何度も電卓を叩き、表示される数字をその都度理屈と突き合わせ、腑に落ちた経緯は全て自分の言葉でメモを取り、最終的には、1枚の白紙がちょっとしたブレーンストーミング風になっています。
こういったことの積み重ねが、決して揺らがない実力となってゆくのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習記録

キャッシュ・フロー見積法(貸倒懸念債権の貸倒引当金の算定)

なんというかまあ予想通り結局何もしないで終わっちゃった日曜日でした。
なので今日がんばってみたんだけど、駄目だこりゃ。
こう、テキストを開くでしょう、一生懸命考えるでしょう、いつの間にか机につっぷして寝てるの。
で、それを1時間半の間に3回繰り返しました。うわぁ。

敵は”割引現在価値”です。こやつが原因です。どうしても理解できない。
たとえば、こういう考え方をするのですが・・・。

1000000の利率が5%だとします。すると1000000が1年後には1050000(1000000×1.05)になります。

・・・ここまでは分かる。いくら私でもわかる。問題はこのあと。

ということはつまり、現在の1000000は1年後の1050000と同じ価値になります。

・・・?・・・?

ということは、1年後の1000000は現在の952381(1000000÷1.05)と同じ価値なのです。

・・・ちょっと待て。

なんでそうなるのか理屈としては分かるような気がする。言いたいことはなんとなくわかるような気がする。けど、今だろうが1年後だろうが百万円は百万円だろう?違うのか??

どうしたって納得できません。
・・・・・・ああ、先は果てしなく長いよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習記録

あの子、今ごろどうしてるかな? 気になって恋しくて仕方ないよ。やっぱりあの子じゃなきゃ駄目みたいです。調子が出ない。

*   *   *

さて、何日かログが抜けました。眠い上にやたら腰がダルくて、

おかしい。HGのモノマネなんかやってないはずだ。
(あのひと、腰痛が酷くて仕事に支障をきたしたりとかしないんでしょうか?)

と首を傾げていたら、生理でしたよ。フォーー!(←好きらしい)
今回は腰にきた。翌日の午前中まできつかった。痛い、まではいかないんだけど、だるいだけでも独特の辛さがあるね。
あと、昨日は夕方まで買い物とかいろいろ外を歩き回っていたので、疲れて早々に眠ってしまいました。
(そのとき何度もバスに乗ったのですが、
吊り革につかまって立っていると、偶然正面へ来たおじさんの喉のあたりに立派な首毛が一本だけ生えていたり、
バスを降りようとしたら、後ろの人が持っていた傘がいきなり股間から突き出してきたり<※注:下ネタではありません>、
などとバスネタ的にいろいろ面白かったです)

今朝は6時に起きたはいいけど、やっぱりふとんが恋しくて、次に起きたら8時でした。ダメじゃん。

机には向かっていなかったけど、全くなんにもしなかったわけではなく、パラパラとテキストを開いたりはしてたよ。それだけだけど、それだけのことが継続にはすごく大きな意味を持つ。平日、休日かかわりなく、毎日必ず簿記に触れるようにしたいものです。ほんとうに、触れるだけでもいいから。

それで今日、やっと腰を据えて「さあやるか」と決意したはいいけど、下のログにもあるように、ちょっと今からの範囲が山場のとこで、とりかかるのがひたすら面倒くさいので、かわりにこのログを書いてます。ダメじゃん。(二回目)
夜にでももう一度、学習記録として何がしかの成果をここに残したいものです。

※あの子=電卓。(C社に修理依頼中です)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習記録

さて、金融商品。(まず金融商品という定義がいまいちよくわかっていない)

いよいよ1級っぽい内容に入っていくことになります(昨日の銀行勘定調整表は2級の出題範囲です)が、いま眠くて眠くてたまらないので、とりあえず睡眠をとることにします。
明日あさってあたり、私にとっては相当な山、割引現在価値の計算が待ち構えているのです。
このあたり、寝不足で緩んだ脳みそでは到底理解できません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習記録

本日は『銀行勘定調整表』について学習しました。いちおう予定消化。
本当はもっといろいろできる時間があったはずなのに、

いきなり電卓が故障しました。

うろたえました。えらいこっちゃ。
メーカー送付するための梱包作業を要領悪くやっていたせいでもう寝る時間を過ぎてますよ。
明日朝イチでコンビニへ持っていかなければなりません。
なのでさっさと眠るのです。

おやすみなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

でもね勝ち負けに拘わってる時点でレベル低いから本当は

惚れた方が負け、とは良く言いますが(そして実際そりゃそうだ、とは思うが)真実は違うところにあると思う。

より愛した方が勝ってるから、人として。

・・・・・・と、ずっと言いたかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

利己主義者

最近ちょっと衝撃的な言葉を聞いた。
職場でしばらくぶりに再会した中学時代の同級が、「友達に裏切られて」と言った。
びっくりして固まってしまった。
私にとって『裏切り』というのは「カエサルおまえもか」とか「走れメロス その男を死なせてはならぬ」みたいな極めてシビアかつ生きるか死ぬかといったレヴェルで使用する言葉なわけで、およそ日常しかも友人において使うことはありえない表現だったもので。

裏切ったり裏切られたりする友人関係は、私は嫌だよ。
素直にそう言ってしまったら彼女は不快になるだろうから、言わなかったけど。
『裏切り』という言葉。薄被を一枚剥がせば期待が見える。(それは少なくともきれいなものじゃない)

私の友情は友愛だ。愛は無償でこそ愛だ。
現実問題、そこまで徹底した心でのぞむことは難しくても、
期待はしない。(臆病だから期待できないのだけれど)
見返りを求めない。(臆病だから望めないのだけれど)
そんな理想があって、だから愛は美しいのだと私は思う。

だから友人たちへ。私が友人だと思う人たちへ。
みんなごめん。私は君たちのことを、実に勝手に愛してる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習記録

20:10 帰宅。
最近ではこれで早い方。仕事が定時で終われば18:30には家に着けるんだけど、難しいね。半年様子を見てもこの状態が続くようなら職場を変わることを検討しなければなりません。タイムイズマネー。1時間半の差は大きい。

今日は現金の範囲をやりました。たぶん明日には忘れているから覚書。

25000円の配当金領収書が届いた場合の仕訳は、
(現   金) 25000   (受取配当金) 25000
となります。

また、期限到来後の公社債利札に関しては、
(現   金) 25000   (有価証券利息) 25000
となります。

※配当金領収書、期限到来後の公社債利札、これらは現金として扱います。
※受取配当金も有価証券利息も営業外収益です。

忘れるのは当たり前。あんまり落ち込まないこと。
しつこいぐらいの反復で、やっと記憶を引き出すルートができる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習記録

学習記録をつけるよ、と宣言してから、およそひと月経過。
昨日、ひと月ぶりにテキストを開いたよ。(ダメじゃん)

とにかくまずは集中力を取り戻すことが先決です。選んだ範囲に飽きたら別のページ、また飽きたらまた別のページ、というふうに、できるだけテキストを長く読みつづけるよう心がけます。熱心じゃなくてもよろしい。とにかく脳の抵抗をうまくやり過ごすことが肝要。
だから、具体的にどの範囲をどれだけやった、と記録するのはまだ難しいです。

さて、本日の成果。
「商品を仕入れて小切手を振り出した」という表現を簿記ではたいそうよく見かけます。この「小切手を振り出した」という表現を見たら、仕訳上「当座預金を減少させる」という処理をすぐに思い浮かべなければなりません。
これは日商簿記3級の範囲はじめの方で出てくる基本中の基本なのですが、せりえ見事に忘れてました。
さらに当座預金が貸借対照表のどこに入るのかさえ思い出せませんでした。(A.流動資産です)
3級のテキストと当時つけていたノートを引っ張りだして、無事思い出しました。
これを本日の成果としたいと思います。

くどいようですが、せりえが受験したいのは日商簿記1級です。
・・・・・・すでに先行き暗雲立ち込めているような気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »