« June 2006 | Main | September 2006 »

権利と自由を得る為に、

果たすべき義務の大きさといったら!

| | TrackBack (0)

やらなきゃいけないことが多すぎて、
何から手をつければいいかわからないのね。
なにがいちばん近道か、わかってないのね。

ああまったく、なんで1日って24時間しかないんだろう!!

| | TrackBack (0)

変遷と受容

このブログを始めて間もない頃、2005年1月のログにつけられていたコメントへの返答より抜粋。

*     *     *

このブログには、目的があります。
それは、自分の主張を押し通すことでも、
ましてや議論を戦わせることでもないことを、ここに明記しておきましょう。
目的というよりはむしろ、「願い」、かもしれない。
どれだけの方がご覧になっているのかわかりませんし、ログも少ないだけにまだ説得力が弱く、明示する段階ではないと考えていましたが・・・判断を間違っていたかもしれない。
まだ、その願いをうまく伝えられるような、言葉を纏められていないので、このブログに現れるのはもう少し後になります。とても大切なことなので、納得いかない文章で御座なりに済ますことは、絶対に避けたいことです。
その、願いのような目的のために(現時点で明示できなくて申し訳ないのですが)、強い、感情から出た嘘の無い言葉、以外は、このブログに載せる意味が無いのです。(まれにある近況日記のようなものは、がんばって長く書いたからもったいなくて載せてあるだけで、本来消してしまってもよいものです)
理性でもって感情をねじ伏せたからといって、納得できるわけではないでしょう。
納得できないまま正論を書いたとしても、その文章は伝える力を持ちません。
偏った考え方は、誰もが持っています。というより、何にも偏っていない人なんていない。口を噤めば無難に終わることでしょう。けれど、このブログは生き易さや無難さを求める為にあるわけではないのです。

*     *     *

コメントは上記の返答ごと削除しました。コメント内容のあまりの異質さに困り果てた私が対処に迷い、少々ルール違反をしてその人のネット上での素性を確かめ、
(※おことわりしておきたいのですが、本来そんなことはするべきではないし、今後、余程の問題が起こらない限りはするつもりもありません。その時だけは特別でした。当時それほどまで困っていて、どうしても必要になったのだと捉えてください。また、調べたのはもちろん現実の個人情報ではありません。あくまでもネット上の。この場合は、あるwebサイトの管理者だというところまでです。それもあらゆる偶然が幸運にも重なった結果、ネット世界にさほど詳しくない私でもたまたま知ることが出来たというだけに過ぎません)
明らかにナンパ目的であり、削除に踏み切っても構わないと判断したからです。
以降、そういったコンタクトを防ぐため、そして当ブログが極めて内向的であり、ときには攻撃的な文章を内包することから、ずっとコメント不可という形態をとってきました。

さて、このブログを始めたとき私には目的がありました。せっかく作成した長いログも、その目的に添わない、または私らしくないと判断すれば、あっさり削除していきました。今もその精神、目的とするところは変わっていません。
ただ、ここ最近になって、もう少し柔軟になってもいいのではないかと思えてきました。
ブログという形態の本来の在り方、魅力、可能性・・・。
もっと、生かしたい。

そんな考えから、しばらくこのブログの在り方を模索していきたいと思います。
統一性の無い状態が続くと思われますが、ご理解ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

※至急※

石川県、とりわけ金沢市在住の方へ。
このブログ見てる方なんてすごい少ないと思うのですが・・・。

8/20(日)まで金沢市内の美術館にて行われている2つの展覧会についての話。
石川県立美術館における『ルオー展』
金沢21世紀美術館における『フランス近代絵画展』
興味はあるけど片方しか見に行く時間が取れなければ、以下を参考にしてみてください。

『ルオー展』
3つの展示室に渡り、ルオーの作品だけがとことん並んでいます。油絵だけではなく版画なども。特に油絵の連作「受難」は神秘的で重厚な作風。展示の仕方は秩序立っていて纏まりがあり、館内は落ち着いた雰囲気。

『フランス近代絵画展』
ルノワール、モネ、ドガ、ピカソ、ゴッホなどなど・・・(あと忘れた)、これでもかってほど有名な人たちの絵を鑑賞できます。(ルオーもあった) メインはやはりルノワールなのか、他の方々の絵は少しずつしかなかったようですが(特に油絵は1点だけのパターンが多かった)、いろんな絵を広く楽しみたい方にはお勧めです。ただし、非常に賑やかな美術館なので(人の出入りが多い)、名画をゆっくり楽しみたい方は、なるべく人の少ない時間帯に行くことをお勧めします。平日の開館と同時に入るとか、夕方遅めの時間とかどうでしょう?(確実かどうかはわかりませんが・・・)

どちらか一つと言われたら、個人的には『ルオー展』をよりお勧めします。
(かなり”くせ”のある作風なので、余程嫌いというのでなければ)
美術館で絵画を鑑賞する、その満足感をより大きく得られるのはこちらだと思います。

残り日数が少ないので、とりあえず印象だけログを上げてみました。
後日詳しくレポします。

| | TrackBack (0)

調味料バトン

2月の下旬に折り紙さんから貰っていたバトン。今更ですが回答してみました。


                調味料バトン

【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか?薬味は含みません。

納豆-------マヨネーズ。(真顔)
目を剥かないでください。実は結構いけるんです。からしは・・・入れてたかな? ちょっと前から納豆のにおいが苦手になって、最近食べてないので記憶が曖昧。そうじゃなければ醤油とからしです。もともとついてるタレは使わない。 

冷奴-------キュー○ーの『深煎りごまドレッシング』。
サラダ感覚でどうぞ。醤油かけて食べるより好き。あとは・・・味の濃いおかずといっしょに食べます。プレーンで。

餃子-------市販の冷蔵冷凍モノは必ずタレがついているので、それで食べます。なければ酢醤油で。ラー油は台所から取ってくるのが面倒で滅多にかけません。

カレーライス----な、生卵??(調味料じゃないから!) ・・・そのまま食べます。
ナポリタン------粉チーズ。
ピザ----------タバスコはかけません。そのまま。
生キャベツ-------生は食べません。塩茹でしてそのまま食べるのが好き。
トマト-----------皮を剥いて適当に切り、塩胡椒、オリーブオイルをかけて冷蔵庫で冷やして食べるとおいしい。皮付きトマトを食べようとしない家族に抗戦しようと母が生み出した技。あとは醤油や塩でも食べます。

サラダ----------○ューピーの『深煎りごまドレッシング』。または同社の『中華ドレッシング』。回し者ではありませんが、この2種類は優秀な商品だと思う。

カキフライ--------タルタルドレッシング、マヨネーズ、レモン汁のどれか。ただし、どれもとくべつ好きなわけじゃないので、何もかけずに食べることが多いです。

メンチカツ--------滅多に食べないのでわかりません。
コロッケ---------そのままです。
天ぷら---------塩。天つゆも好きだけど、塩だけのほうが好きかな。
とんかつ--------市販のとんかつソース??・・・あまり意識したことなかったな。そのまま食べてしまうこともあります。

ご飯(おかず無しの時) --------もちろん塩。(言い切った!!)
とくに朝、炊飯器にご飯があれば塩だけで握ります。

【Q2】周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?

納豆にマヨネーズとか、それほど珍しくないはずだけど、受けつけない人は受けつけないと思います。
あと、昔はご飯にバターを落として醤油かけて食べるのが好きでした。今でもけっこう好きだけどバターを切るのが邪魔くさいので滅多にやりません。塩だけのほうが好みだしね。

【Q3】それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?

実はとんかつ以外の揚げ物(フライやコロッケやカラアゲ)にソースをかけるのがあまり好きではありません。味がくどくなりそう・・・。
それからサラダにマヨネーズも好きじゃありません。理由は折り紙さんと同じです。水っぽくなったマヨネーズなんて断じて許せない!!
あと、せっかくなので特筆しておきたいのが、ケチャップは好きじゃないということ。オムライスにさえ出番なし。たぶん微妙な酸味が苦手なのでしょう。だから、私の場合はマヨネーズとケチャップが冷蔵庫にあったらマヨネーズしか減っていかない派です。(笑)

こんなところですが、如何でしたか折り紙さん。面白い回答はあったでしょうか?
バトン回してくれてありがとー。楽しかったよ。また機会があれば何か回してください。是非!!
(けど、漏れなくせりえでアンカーになります・・・。)

※このログに関してはコメント可にしておくので、どなたでも、よろしければコメントしてみてくださいね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | September 2006 »