« August 2006 | Main | October 2006 »

バースデイ 26

この世に生まれてきてよかったとか、産み出してくれてありがとうと思ったことはありません。
楽しいことや嬉しいことがそれなりにあってさえ、幸せだとはどうしても思えません。
けれど、このあいだ唐突に気づいたのですが、

私は、まだ、ここに在ることを赦されている。

実に驚くべき事実ではありませんか。
その容認の、なんと有難いことか!
なぜ今まで、こんな大事なことに気づかなかったんだろう。

世間が私の存在を許容している。
それは、まるで、希望のように力強い、新しい視点。

| | TrackBack (0)

学習記録

貸倒懸念債権における貸倒見積高の算定方法、”キャッシュ・フロー見積法”。
これをようやくマスターできたような気がする。
割引現在価値の算定についての考え方がぴんとこなくて、何度も考え込んだ範囲でした。

わからなければ何度でもやってみればいいよ。
壁はそのうち破ることができるのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ショッキング ピンク

ジュ コントゥラスト 53

シャネルのチーク。今季の特別限定品。
雑誌の広告を見たときから気になっていた色味で、先日これを手に入れるためにシャネルのカウンターへ寄ったところ既に完売済み。見本の枠からも抜かれていて目にすることすら不可能でした。その色が特別限定品であることと、正確な発売日を把握していなかったことが敗因。あと、どうせ金沢(田舎)だしすぐに売り切れなんてありえないと舐めてたんですね。明らかに私が手ぬるかった。
店員さんの話では最初の週末で完売したとのことで、それを聞いてもの凄く悔しい思いをしました。「あの日ちゃんとカウンターへ行ってれば!!」って。結局、かわりに別のチークを購入し、それはそれで使いやすい色だったのでまあ良しとしたのですが・・・。

本日仕事帰りに百貨店のシャネルカウンターを通りかかったところ、なんか、見本にあるじゃないですか!雑誌でさんざん眺めたあの色が!!

予約キャンセル分を、特別限定品のたった1個の残りを、私はこうして手に入れることができました。
何が言いたいかって?
もちろん自慢したいのもあるけれど、それより・・・。

こんな幸運、よりにもよって私に降りてくるなんておかしすぎるだろ?!

まさかこれで当分いいこと無いなんてのは・・・。

| | TrackBack (0)

学習記録

日商簿記2級の範囲である工業簿記の復習を終えた。
2級を受験した時は曖昧ままだった、標準原価計算の製造間接費差異分析をやっと理解できた。試験では(幸いなことに!)出題されなかったので、いつかは押さえなければとずっと思っていたのです。
そして、内容を殆ど忘れていたにもかかわらず、実際復習してみれば以前より理解が深まっている気がする。これはすごいことだ。こうした些細な事柄が、積み上げた努力は決して無駄にならないことを証明してくれるのです。
およそ2週間。商業簿記には3ヶ月間もかかったから、少しずつでも確実にペースが回復してきている。少し安心する。
これで2級の復習はいったん終わりだけれど、あえて飛ばしたところや、未だに自信のない部分は残っている。
商業簿記については特殊商品売買、本支店会計、決算整理仕訳。
工業簿記については振替仕訳の流れ、損益計算書。
そして致命的なことに、勘定記入から仕訳を起こす(またはその逆)がたいそう苦手です。
あとはひたすら数をこなすしかないのだけど、いちいち手書きするのが邪魔くさくて飛ばしてしまった。
あと、解答用紙が必要な範囲はコピーが面倒で。
けどいずれはどうにかしないといけません。
それでも。
いよいよ1級の範囲に集中することができるので嬉しい。さて、どうアプローチしようか?

1年ほどさぼっている間にテキストがバージョンアップされてしまい、それがなんと数年ぶりの大改定らしいので、思い切って買い換えることに。
(前のバージョンを買ってしまった人用にWeb上でフォローはされていたのですが、いちいちダウンロードしてペラ紙保管するのも手間に思えたので)
これは予想外の出費で懐が痛みます。でも、よくわかった。さっさと受験してさっさと合格しないとそれだけ出費が嵩むってことだ。

あまりにも肩が痛むので、うまれて初めてピップエレキバンを購入しました。180ミリステラのやつ。いっぱい貼ってみました。ポイントで貼るから湿布よりかぶれにくいかと思ったんだけど、これバンソウコウの粘着度が高すぎて、肌に悪そう。このままお風呂入ってもいいらしいけども、石鹸とか染み込んだのを濡れたまんま放っておくのもどうか。
まあ、肝心なのは効き目です。磁気パワーの効果やいかに?!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんだかたまらなくなったので

ただ働いているだけじゃ駄目だと痛切に思う。
私の代わりはどこにでも、いくらでもいる。
私はどんどん年をとっていく。若いひとはいくらでもいる。
そんな立場はとても弱い。辞めたくなかったら不満があっても我慢するしかない。
女性が30歳を過ぎて就職するのは難しい。
再就職が難しければ、仕事を辞めるわけにいかなくなる。
その深刻な弱みは、やがて醜い自分をつくるだろう。
卑屈を覚え、卑怯に慣れてゆくだろう。

いつも、ひとりで生きていくにはどうすればいいか考えている。
お金に困らないためにはどうすればいいかばかり考えている。
幸せに少しでも近づくために、どうすればいいかを考えつづけている。

今月の終わりに誕生日が来る。
私が30歳になるまで、あと4年しかない。

| | TrackBack (0)

UZUMAKI

『人間の成長過程を図形で表すとすれば螺旋である』

そんなことを言った友達がいる。確か高校時代だったと思う。
同じことの繰り返しに見えても、実は少しずつ上昇している、そんな意味。
それは全く的確な表現で、当時はひどく感銘を受けた。

「人間の成長過程を図形に例えると?」
以来その命題は、ことあるごとに脳裡を過る。

弟はこう表現した。
『三次元を無秩序に移動する点を繋いだものだ』
唸る。我が弟ながら解り難く極端な奴。
また唸る。たしかに一理ある。
成長したとかしないとか、考えもしない。(そんな余裕はない)
ただ、生きている。(生きてきた)
そういうことだ。


そして、私はこう定義する。

『中心へ向かって伸び続ける渦巻き』

緩やかに、深く、深く、内面へと潜ってゆく。
自己を識るとはそういうことだ。
その終わりない探究が、人を確かなものにする。

| | TrackBack (0)

連絡事項

ブログのタイトルを変更しました。

「砂」とか「貝殻」とかで検索をかけた結果、ヒットしたのでとりあえず覗いてみる、そんなパターンの訪問者が多いようです。アクセス解析で判明しました。さぞかし期待はずれだったろうと気の毒になります。
それではあまりにも申し訳ないので名前を変えることにしました。あっさりと。

このブログにこれほど相応しいタイトルはないと思います。

リンクして下さっている方は、お時間のあるときにでも名称変更お願いします。

| | TrackBack (0)

学習記録

5/28~9/2 日商簿記2級 商業簿記の出題範囲を復習。
9/4~ 日商簿記2級 工業簿記の復習を始めました。
そして本日より日商簿記1級 商業簿記の出題範囲へと学習範囲を広げます。

10:00pm就寝、3:00am起床。実行に移して約1週間。少しずつ集中力を戻していく。

早朝4:50頃、ものすごい音を立てて雷がどこかに落ちました。
そのときは1級範囲のテキスト最初のほう、長期の先日付小切手は受取手形勘定で扱う、ってところを読んでいたところで。
一瞬、ひらめいた稲妻を感知できたかどうか、直後、鋭い轟音。まるで天罰を思わせるような凄まじさ。
本当に、本当に恐かった!!

今日、工業簿記に出てくる予算差異と操業度差異の意味をようやく理解できたと思う。
実は2級を受験したとき、これらをまだ分かっていなかったんだけど、試験には出題されず助かったのでした。
じっくり考えて、ようやく納得できた。
なんか降りてきたみたいに整然と理解できる瞬間がある。
そういうとき、とても感動するのです。

さて、学習再開をきっかけとして学習記録の過去ログをふたたび公開しました。
自分の進度が自分に対して励みになればいいんだけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »